かるた一覧

やっぱり母に多めに分けよう相続財産
やっぱり母に多めに分けよう相続財産

やっぱり母に多めに分けよう相続財産

 

(1)財産をどう分けるか、は難しい

家族のあり方によっては、相続財産の最善の分け方は変わるため、すべての家族に共通する正解はありません。その点から考えると、相続財産をどう分けるかは、家族それぞれの問題となり、非常に難しいといえます。

なかには、二次相続を考えて子どもに多く相続をさせ、自分はあまり相続を受けないという考えの方もおられます。しかしながら、一定の手元資金が無いと、自身の老後の生活が不安になるもの。子どもが「自分が面倒みるから」と言っても、信じ切ってしまって良いものでしょうか?

 

(2)配偶者が相続すると得な点

残された配偶者が生活に困らないように、配偶者への相続については有利に定められています。具体的には、配偶者が実際に相続した財産額について、以下のどちらか多い金額までは配偶者に相続税はかかりません。

<1> 1億6千万円

<2> 配偶者の法定相続分相当額

したがって、子どもが相続するよりも配偶者に多く相続を行った場合の方が、相続税の負担が少なくなることになります。

 

(3)考えすぎは後悔のもと!?

配偶者への軽減措置は、原則として相続税の申告期限までに相続財産が分割されていることが必要となります。したがって、期限までに分けられていない財産は軽減の対象になりません。

考えすぎて決められず、期限を過ぎてしまった…なんてことになったら目も当てられません。慎重に考えることは大切ですが、どんなに考えても将来は何が起こるかわからないもの。ある程度の思い切りは必要ではないでしょうか。

 

というわけで、「やっぱり母に多めに分けよう相続財産」