かるた一覧

その現金、見つからないと思ったら大間違い
その現金、見つからないと思ったら大間違い

その現金、見つからないと思ったら大間違い

 

(1)タンス預金とは?

タンス預金とは、被相続人の預金口座から現金を引き出し何かに使ったと見せかけて自宅のどこかに隠しておくという昔からある非常に古典的な手法です。最近では海外に持ち出して別荘に保管するといった話も聞きますが…

 

(2)相続財産の計上漏れで一番多いのは?

相続税の税務調査でよく指摘を受けるのは、現金、銀行預金、有価証券、保険証券などの金融資産の計上漏れが多いようです。とはいっても、相続人が本当に知らなかったケースもあれば、「タンス預金」として本当は存在を知っていて、税理士に伝えず調査でなんとか見つからなければ儲けもの…というケースもあり、実態はさまざまです。もし、意図的に計上しないでいると、重加算税の対象になるのでご注意ください。

 

(3)タンス預金は見つからないのか?

一見、銀行口座から現金として引き出して生活費に使ったと言えば、わからなそうな「タンス預金」ですが、なぜ見つかってしまうのでしょうか?税務署は、過去10年分の銀行預金の入出金の動きを詳細に把握できます。加えて、配偶者や親兄弟の預金通帳の動きも同様に税務署の職権で確認することが可能です。このように複合的に精査されると、やはりどこかに不自然な動きとしてあぶり出されてしまうものです。

また、税務署は事前に被相続人の財産がどの程度あるのかを、その人の収入ベースで把握しています。そのため、収入と比べて相続財産があまりにも少ない場合は、不自然と判断し、相続財産をどこかに隠しているのではないかと疑問を抱くこともあるでしょう。

 

(4)富裕層への監視の強化

最近は国内だけではなく、海外の財産も税務署に申告する「国外財産調書制度」も行われるようになり、富裕層の財産はより強く監視される傾向になっています。年々、隠す側もそれを正す側も進化しているのが実情で、そのような時代の中で、「タンス預金」はあまりに古典的な手法といえるでしょう。国内はもとより海外の預金についても行わないことをお勧めします。

 

というわけで、「その現金、見つからないと思ったら大間違い」