かるた一覧

資産より負債が多いなら相続放棄
資産より負債が多いなら相続放棄

資産より負債が多いなら相続放棄

(1)相続とは?

「相続」という言葉を法的に表現すると「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」となります。その一方、被相続人に係る相続財産を承継するかしないかについては、相続人の自由とされています。

 

(2)相続の放棄

上述したように、相続人は被相続人の相続財産について承継しないこともできます。この行為を「相続放棄」といいます。相続放棄の手続きは、自己のために相続の開始があったことを知った日から3か月以内に、家庭裁判所に申し立てをすることで実行できます。

 

(3)相続放棄をする場合

では、どのような場合に相続を放棄することを検討するのでしょうか。その代表的なケースが「資産より負債が多い」場合です。相続は、被相続人の財産を承継します。従って資産だけでなく負債も相続することになります。この場合、相続する負債が多額なため返済が困難な場合は、「相続放棄」の手続きをすることも有効な手段となります。

もちろん、相続の時点で資産より負債が多い場合でも、返済が可能でその後資産が残る(不動産とその取得のための借入金など)場合は、放棄しないことも選択肢のひとつです。負債の多い少ないに関わらず、相続するかしないかは相続人の意思により、自由に決定できます。

 

いずれにせよ相続が発生した場合には、ひとまず概算の資産と負債の全体像を把握し、場合によっては「相続放棄」の手続きを検討することも有効です。ただし、3か月以内という期限は、くれぐれもお忘れなく。

 

というわけで、「資産より負債が多いなら相続放棄」