かるた一覧

涙腺がおもわずゆるむ付言事項
涙腺がおもわずゆるむ付言事項

涙腺がおもわずゆるむ付言事項

(1)遺言には、「付言事項」を記載することができます

遺言は、財産の配分方法だけを決めるものだと思われがちですが、家族への感謝の気持ちなどのメッセージも記載することができます。このメッセージにあたるものを付言事項(ふげんじこう)といいます。

 

(2)遺言がないと、相続人が遺産分割を協議することになります

そもそも遺言とは、自分の死後、自分が築いた財産を誰にどれだけ相続させたいかを意思表示するものです。生前のみならず、死後も自由に自分の財産を処分できる権利です。遺言がない場合、相続人が遺産の分割(配分)を協議して決めることになります。たとえば自分に子どもがなく、相続人は妻と自分の姉である場合、ふたりの話し合いはうまく進むでしょうか。

また、自分が経営していた会社の株式を、長男ではなく、経営の才覚がある次男に継がせたい場合、ふたりが「株式は次男に」という結論を出すでしょうか。このような特殊な場合には、遺言により相続をエスコートしてあげる必要があります。

 

(3)付言事項で「想い」を伝えましょう

良かれと思って残した遺言が、家族の感情を逆なでしてしまうことも。「なんで親父はアイツにあんなに財産を残すんだ。えこひいきだ」という話は、ドラマだけとは限りません。誰に何を残すかだけを形式的に書いた遺言では、全員が納得するとは限りません。

そこで、付言事項の出番です。普段は口に出さない家族への感謝の気持ちなど、その遺言の内容に秘めた「想い」を書きましょう。気恥ずかしいかもしれませんが、家族や大切な人への最後のラブレターです。想いが伝われば、残してくれた財産への感謝の気持ちが何倍にもなりますし、均等ではない財産配分であっても、不満を和らげ、円満な解決へ導きます。

 

というわけで、「涙腺がおもわずゆるむ付言事項」