かるた一覧

来世でもこんな家族になりたいな
来世でもこんな家族になりたいな

来世でもこんな家族になりたいな

(1)お母さん、これからも元気でいてね

一次相続の際に配偶者が財産を多く相続すると、二次相続の際に納税額が大きくなる可能性があります。よって、税金のことだけを考えると、配偶者はあまり財産を相続しない方が良い場合もありますが、大きな財産を相続して元気に長生きすることも、また人生です。

 

(2)そういってくれるなら、孫の教育費は私がだすよ

孫の学費を祖父母が払う場合、1,500万円までは非課税です。つまり、孫に現金を生前贈与するということですが、通常の生前贈与は相続開始前3年以内のものは相続財産に戻されてしまいます。ただし、学費に関するこの制度を適用すると相続財産に戻されることはありません。

 

(3)私たちはもめないと思うけれども遺言は書いておいてね

母が元気なうちは、子どもたちも日常を過ごしていますが、二次相続の時には、兄弟がどんなに仲が良くても揉めることがあります。だからこそ、母は元気なうちに遺言を書いておくべきです。認知症などになってしまったら、想いを残す遺言は書けません。

 

(4)お父さんが亡くなっても、お母さんが家に住み続ける権利が認められそうです

民法の改正案によると、「配偶者居住権」が創設され、父の相続時点で母が父の持家に住んでいた場合、その家に住む権利を遺贈等で受取ると、その家に無償で住む権利が与えられるようになりそうです。

 

というわけで、「来世でもこんな家族になりたいな」