かるた一覧

抜け駆けは、しないさせない公平に
抜け駆けは、しないさせない公平に

抜け駆けは、しないさせない公平に

 

(1)相続人には法定相続分という権利がある

遺産の取り分のことを相続分といい、法定相続分とは、民法の規定に従って、各法定相続人が受け取ることができる遺産の取り分のことをいいます。

たとえば、相続人が配偶者と子供が2人のときは、配偶者の法定相続分は2分の1、子供の法定相続分は4分の1(2分の1×2分の1)ずつとなります。

遺言がある場合には、遺言による指定相続分に従い遺産を分割します。遺言がない場合には、必ずしもこの法定相続分で遺産の分割をしなければならないというわけではありませんが、法定相続分は、相続人同士の話し合いで合意しない場合の法律上の目安となります。

 

(2)法定相続人に認められる遺留分の権利

被相続人は、遺言によって、その財産を自由に処分することができます。しかし、相続人の間にある不公平を完全に無視することは認められません。そこで民法は、兄弟姉妹以外の法定相続人(配偶者・直系卑属・直系尊属)に相続財産の一定割合を確保する規定を定めており、これを遺留分といいます。遺留分は基本的には、法定相続分の2分の1となっています。

 

 

 

(3)遺留分を侵害された場合には

遺留分を侵害するような遺言による遺産分割が行われた場合には、侵害された相続人は、多くの財産を取得する相続人に対して、遺留分の侵害部分を返してくれという「遺留分の減殺請求(げんさいせいきゅう)」を行うことができます。

 

というわけで、「抜け駆けは、しないさせない公平に」