かるた一覧

二次相続、次の世代も考えて
二次相続、次の世代も考えて

二次相続、次の世代も考えて

 

(1)配偶者の相続は税額軽減措置が施されている

配偶者への相続に関しては以下の点に配慮して税額の軽減制度があり有利に定められています。

・配偶者の今後の生活保障のために財産分与が必要なこと。

・協力して築き上げてきた財産であるため。

・夫婦は基本的に同世代であるため、そう遠くない時期に同じ財産に対して相続税が2回かかることを避けるため。

 

(2)有利に定められている内容

以下のどちらか多い金額までは、実際に相続した財産額について相続税が課税されません。

・1億6千万円

・配偶者の法定相続分相当額

したがって、配偶者に多くの財産を相続させた場合の方が、相続税の負担が少なくなる可能性が高まることになります。

 

(3)配偶者の財産が多い場合のデメリット

例えば、妻自身が財産を多く所有している前提において、夫の相続(一次相続)時に「配偶者の税額軽減」を利用して安易に妻へ多くの財産を相続させてしまいますと、一次相続では相続税が安くなるかもしれませんが、妻の相続(二次相続)時に財産総額が増えるので子ども達が多額の相続税を負担する事にもなりかねません。

 

(4)次の世代の事も考えて

一次相続時に「配偶者の税額軽減」を目一杯使用せず、子ども達に法定相続分より少し多めの遺産分割(財産分与)を行う事を検討してみましょう。一次相続時の相続税は増えますが二次相続時の子ども達の相続税負担を抑える効果が期待できるかもしれません。

 

というわけで、「二次相続、次の世代も考えて」