かるた一覧

口約束で もめるくらいなら遺言を
口約束で もめるくらいなら遺言を

口約束で もめるくらいなら遺言を

 

(1)遺産分割は法定相続が当たり前

現在の遺産分割は法定相続が主流です。長男だから、墓守するから、近所付き合いがあるから等の話は依然としてありますが、核家族の時代のため、原則として法定相続で分けるのが一般的な時代となっています。

 

(2)平等<公平

法定相続が平等だと思われますが、場合によってはそうでないケースも散見されます。たとえば、会社を継ぐ長男は資金的な苦労も多く、財産を少しでも残したい場合があります。その観点から、公平(フェア)を考えると一定の調整も必要になります。そして、その調整は遺言でしか実行できません。時には平等よりもフェアが重要になることがあり、自身の相続のケースがどれに充当するかを判断しましょう。

 

(3)世話になる子には遺言で報いる

年老いた親の面倒を良く見てくれる子どもは、多くの家庭にいます。そして、多くの場合は長男や長女ではなく、姪っ子などのケースもありえます。「そのうちに遺言を書くよ」と言い続けていたものの親が亡くなりました。果たして現実はどうかというと、遺言がなければ皆平等ということで法定相続となります。本当に良く面倒を見てくれた子どもに、思い描いていた財産を渡せないのです。もし、法定相続ではない観点があるのなら、元気なうちに遺言を書いておきましょう。

 

(4)将来(二次相続)の事を口約束では危険

長男が「二次相続は放棄するから今回の一次相続では多くもらいたい」と主張したとします。私たち税理士の経験では、かなり危ない言葉です。一次相続と二次相続は完全に別物。たとえ一次相続で譲歩しても、二次相続のときに長男は法定相続分を主張してくることがほとんどです。このようなケースが出てきたら、一次相続で母親に多く財産をつけて、早めに遺言書を書いてもらいましょう。

 

というわけで、「口約束で、もめるくらいなら遺言を」