かるた一覧

子のために残した通帳にも相続税
子のために残した通帳にも相続税

子のために残した通帳にも相続税

 

(1)子のためを思って!

相続税の税務調査で、子ども名義の預金通帳のお金が、子どもの財産ではなく「親の財産である」と指摘され、そのお金に相続税がかかってしまうケースが多く見られます。親としては、可愛い子どものために少しずつお金を贈与するつもりで子どもの通帳に貯めてきたのに、なぜこのようなことになってしまうのでしょうか?

 

(2)本当に贈与があったの?

親が、子ども名義の預金通帳を作り、そこに毎年お金を振込んでいたとしても、実は、それだけでは、「親から子どもへの贈与があった」とは言い切れません。贈与は、財産をあげる側・もらう側のお互いが合意して、初めて成り立つものです。

親が勝手に子ども名義の通帳を作りそこにお金を移しているだけでは、それは贈与とはいえず、いわゆる「名義預金」となり相続税がかかってしまいます。では、そのような悲劇に遭わないためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

(3)財産を管理して使っているのは誰か?

その預金通帳が、本当にその子どものものであるなら、当然、その通帳は子どもが保管し、必要な時には自分で下ろしてそのお金を使うことになるでしょう。このように、贈与を受けた財産であれば、もらった方がその財産を管理し、使うことは当然のことです。

税務調査においても、預金通帳や印鑑、キャッシュカード、そして預金の利用状況などを確認されることになります。

但し、子どもが未成年の場合には、成人になるまで親がその通帳など管理することもあるため、成人になったら子どもに引き渡すことが必要です。

 

(4)でも、最も確実なのは?

最も確実な方法は、贈与の都度、しっかりと贈与契約書を作成することです。そして、あえて贈与税の非課税枠である年間110万円を少し超える贈与を行い、僅かでも贈与税を納めておくことも有効な手法です。後になってイヤな思いをしないためには、前もって準備と工夫が必要になります。

 

というわけで、「子のために残した通帳にも相続税」