かるた一覧

共有相続、次の世代で もめ事に
共有相続、次の世代で もめ事に

共有相続、次の世代で もめ事に

 

(1)争いを避けるため、とりあえず共有相続登記

遺産分割協議をしたものの各々勝手なことを言い出し、まとまらなかったため、とりあえず共有相続登記をしたとします。相続した代では、争いを避けるために、何も協議せず、法定相続分で設定しました。

ここで注意が必要なことは、共有相続登記は、他の相続人の了解なしに誰か一人で全員分を登記できてしまうことです。そもそも有している権利どおりであれば、問題なく登記できてしまいます。

 

(2)後日、簡単には分けられないことが判明

預貯金や有価証券などの金融資産は、数字という額面があるため、後日でも比較的容易に分割することが可能です。一方、不動産は、接道や形状・規模によって分割に適しているものもある反面、自宅やアパートなどは後から均等に分けることが困難なものです。

 

(3)分けられない上に大きな騒ぎに発展

アパートなどの賃貸物件の場合、いざ運営をし始めると、共有相続人から家賃収入を請求されたり、修繕費を応分に負担してもらおうと請求したりする動きが出てきます。また、共有相続人全員分の確定申告や納税まで一人で行う人が出てきてしまい、負担が多い人は踏んだり蹴ったりの状況になります。

そこで、負担が多い相続人が賃貸物件を現金化したいと考えたものの、今度は売却するために共有相続人全員の同意が必要と分かり、愕然とすることもあります。しかも、共有相続人には多額の譲渡税がかかるため、売却の同意が得られないことも多く、八方塞がりに陥ってしまいます。

 

(4)時が経過すれば解決してくれるのか

いっそのこと共有状態のまま何もしないでおこうと考えたものの、さらに子の代になると、さらに人間関係が複雑になり、問題が風化する可能性も低いと気付く、となります。転ばぬ先の杖。面倒でも、最初に話合いを終わらせることもスムーズな相続の秘訣のひとつです。

 

というわけで、「共有相続、次の世代で もめ事に」