かるた一覧

隠しても、銀行口座は丸裸
隠しても、銀行口座は丸裸

隠しても、銀行口座は丸裸

 

(1)預金の動きは相続税調査の最大の関心事

相続財産の種類は、不動産や株式や預金などさまざまです。その中でも、一番頻繁に動き、移転に手間や費用がかからないのが預金。また、預金は、財産に占める割合もそれなりに大きく、親子間などで簡単に名義を変更(子どもの預金口座に振込むなど)することができるものです。

預金の動きを追いかけることで、財産の漏れを見つけるのが、相続税調査の最大のポイントです。

 

(2)通帳を隠しても、「頭隠して尻隠さず」

預金の動きは実際の通帳があれば分かりますが、過去の通帳がなくても、税務署は銀行から過去の記録を提出させて調べることができます。それも、過去10年分の動きを見ることができます。つまり、預金口座の動きは、すべて税務署にはお見通しです。

 

(3)現金にすれば分からない?

現金として引き出した後、現金は預金のように足跡が残らないので、預金のように動きを追いかけることはできません。その分、引き出した現金の使い道は、税務調査で相当しつこく確認されます。

説明がつかない場合は、税務署とのトラブルにも繋がりかねませんので、多額に現金を引き出す場合は、注意が必要です。

 

(4)子どもや孫の預金の動きも一目瞭然

亡くなられた方の預金だけではなく、子どもや孫の預金の動きも税務署は調べることができます。孫の口座にお金を「隠した」と思っても、全部あぶり出されます。

 

というわけで、「隠しても、銀行口座は丸裸」