かるた一覧

いつまでもあると思うな親と金
いつまでもあると思うな親と金

いつまでもあると思うな親と金

 

(1)相続にも当てはまる有名なことわざ
「いつまでも親が面倒をみてくれるわけでもなく、お金も使えばいつかはなくなってしまうもの。だから、節約して真っ当に生きよ」という、有名な戒めのことわざで、相続の場合にも当てはまります。多くの財産を相続で取得したからといっても、使うばかりではいつかはなくなってしまいます。財産を計画的に使うことや、一生懸命働いて得る収入も必要ではないでしょうか。

 

(2)相続したお金も生前贈与のお金にも税金
お金は使えば無くなってしまいますが、残したとしても相続税がかかる場合があります。納税額を減らす方法のひとつに生前贈与がありますが、一気に資産を移動すると、相続税よりも高い贈与税額を支払わなければなりません。
具体的な方法としては、年間1人あたり110万円までの非課税枠を活用し、長期間に渡って複数の子孫に贈与すれば、かなりの預貯金を無税で贈与することが可能です。たとえば、子ども2人に孫3人の場合、年間550万円まで非課税となります。10年かけて贈与すれば5,500万円が無税で相続となります。
注意点としては、将来的に税務調査等でトラブルにならないように、贈与した側も受け取った側も、贈与契約書を作成して都度記録を残すことをおすすめします。

 

(3)生前贈与をしすぎて相続税の納税ができない!?
このことわざは、過度な生前贈与を行った場合にも当てはまります。親のお金がいつまでもあると思い、子どもが生前贈与で得たお金を浪費してしまったとします。しかし、亡くなったときの親の資産構成は、少ない預貯金と高額な不動産だった…。このような場合、親にも子にも現金がないため、不動産にかかる相続税を支払えず、結局は不動産を売却して相続税を納めなければならなくなります。相続税の申告期限の10か月以内に売却するとなると、本来の価値よりも買い叩かれる可能性も出てくるでしょう。

 

相続する資産の多寡に関係なく、お金の使い方も税対策も、有効な方法で計画的に行うことが望ましいでしょう。

 

というわけで、「いつまでもあると思うな親と金」