かるた一覧

不動産、相続したいとは限らない
不動産、相続したいとは限らない

不動産、相続したいとは限らない

 

(1)不動産相続はトラブルのもと

不動産は預貯金のように簡単に分割することが出来ません。一般的な分割方法として、現物分割、代償分割、共有、換価分割の4つがありますが、どのように相続するのか相続人の間で意見が合わずトラブルになることも少なくありません。ましてや地方の不動産などは、住む予定がない・使用予定がない相続人にとって、固定資産税など維持費用がかさむ等の理由から、必ずしも相続したいものではないこともあり得ます。

 

(2)相続後に相続人が処分すると

相続後に、譲り受けた活用予定のない不動産を売却するためには、まず相続登記を行い、該当の不動産登記の名義を被相続人から相続人へ変更してから売却を行います。複数の相続人がいる場合は、相続登記は相続人全員の同意が必要です。

相続登記は期限が決まっていないため、不動産をそのまま放置しいざ売却しようとする時には、相続人だった方が亡くなっていてその家族に相続権が移り、相続開始当初よりも相続人が増えて後々権利関係が複雑化してしまうケースもあります。

 

(3)生前に処分すると

不動産を生前に処分して現金化しておくと、相続人同士で比較的簡単にスムーズに分け合うことができ、トラブルの回避に繋がります。従って、不動産を保有している場合には、生前に家族とよく話し合い、必要に応じて生前に処分しておくことも選択のひとつです。

売却によって得た譲渡益は課税対象になりますので、確定申告を忘れないようにご注意ください。

 

というわけで、「不動産、相続したいとは限らない」