かるた一覧

保管場所、教えて欲しかった自筆遺言
保管場所、教えて欲しかった自筆遺言

保管場所、教えて欲しかった自筆遺言

 

(1)せっかくの遺言が

自分が亡くなった後に、家族が相続で争わないように遺言書を作成される方は多くおられます。しかし、作成した遺言書を誰かに発見されたくないと、簡単に見つからない場所に保管してしまった結果、遺言書が誰にも発見されず、家族のためを思って作成した遺言書が無駄になってしまう可能性があります。

 

(2)まずは公正証書遺言の検討を

遺言書を確実に保管したいという方は公正証書遺言がおすすめです。公正証書遺言は、法務大臣から任命を受けた公証人が遺言書を作成し、原本を公証人役場で保管してくれるため、遺言書の改ざんや紛失といった問題は解消されます。

 

(3)自宅で保管する

通常考えられる保管場所としては、金庫、仏壇、机の引き出し、タンスなどでしょうか。遺言書を生前に発見されたくない、でも亡くなったときにちゃんと発見されたいけど、家族には相談しにくいなど、個別の事情もあるでしょう。どこに保管しておくかは、かなり頭を悩ませる問題です。

 

(4)自宅外で保管する

一般的には、銀行の貸金庫に預ける、信託銀行の遺言信託サービスを利用し信託銀行に保管してもらう、弁護士・税理士などの専門家に保管してもらうなどの方法が考えられます。いずれも費用はかかりますが、遺言書をきちんと保管してもらうには、自宅外での保管が無難でしょう。

 

(5)ご案内

一般財団法人 辻・本郷 財産管理機構では、遺言書の作成補助、保管および遺言執行に関する業務など、遺言作成から執行まで相続手続に関するトータルサポートサービスを行っております。円滑な財産承継をお考えの方はお気軽にご相談ください。

 

というわけで、「保管場所、教えて欲しかった自筆遺言」