かるた一覧

延納で生活資金が大変だ
延納で生活資金が大変だ

延納で生活資金が大変だ

 

(1)相続税の納税は現金一括納付が原則

相続税は、亡くなってから10か月以内に申告と納税を済ませなければなりません。申告はスムーズに済ませても、納税まで完了しないと、義務から違反することになります。地主さんや、地価が高額な場所に自宅がある場合などは、納税資金の準備が必要不可欠となります。つまり、基本的には10か月以内に相続税額分のお金を用意する必要があります。

 

(2)亡くなった方にお金がないときはご自身のお金で

亡くなった方に資金がないときは、延納や物納がありますが、それ以前の条件として、相続する本人のお金で納税しなければなりません。相続した資金と相続人の資金を充当してもなお、納税に足りない場合にのみ延納が認められ、延納でも払いきれない場合にのみ物納が認められます。

 

(3)延納までの道のりは長く険しいもの

延納を受けるための代表的な要件は、担保提供です。原則として自宅など自分名義のものを担保に入れる必要があり、その上で金銭納付が困難である旨の書類の作成と提出が必要です。書類に記述する内容は、納税額に対していくらの資金を用意できるのか、自分の収入からいくら分割納付ができるのかなど、収入や支払いに関すること。これらのことを裏付けを取りながら記載するには、多大な手間がかかります。また、延納とは言いかえると、自身の生活費の中から支払っていく方法。つまり、生活は苦しくなることがほとんどです。

 

(4)相続税の試算をして心の準備を

相続税は10か月以内に納税せねばならず、容易ではありません。土地を売ろうと考えてもすぐに買い手が見つかるとは限らないことは、最たる例です。納税について心配な方は、生前のうちに試算をして納税資金を準備しておきましょう。

 

というわけで、「延納で生活資金が大変だ」