かるた一覧

地価下落、土地の売却 あてならず
地価下落、土地の売却 あてならず

地価下落、土地の売却 あてならず

 

(1)相続税の納付は10か月以内

相続税は、亡くなられた日から10か月以内に、納付しなければなりません。その分の現金預金がお手元にあれば、何も心配はありません。しかし、相続した財産が土地などの不動産しかないような場合には、10か月以内に相続税額分の現金を用意しなければなりません。

 

(2)現金の用意

現金を用意する方法としては、金融機関から借入をする方法、資産を売却して換金する方法などがあります。金融機関から借入をした場合、その後月々、返済をしていかねばならないため、返済の目途が立つだけの収入が必要となります。その目途が立たない場合は、資産を売却して換金することになります。

 

(3)相続税を納付するための資産の売却

相続税は10か月以内に納付をしなければならず、期限が決められている場合の資産の売却は、どうしても低い価額になってしまいます。土地を売却する場合でも、都心や大都市など一部地域においては、評価額が上昇していますが、それ以外の地域では下落傾向が続いています。また、一般的には売却する時期が、遅くなればなるほど、売却価額が下落してしまいます。

 

(4)遺産分割協議はお早めに

土地を売却して相続税を納める場合、上記の事を念頭に置いて、遺産分割協議を早めかつ円滑に進めることが必要となります。

 

というわけで、「地価下落、土地の売却 あてならず」