かるた一覧

愛情はあるけど 遺産はこれだけか?
愛情はあるけど 遺産はこれだけか?

愛情はあるけど 遺産はこれだけか?

 

(1)可愛い子どもには、財産を多く残してあげたい、が心情!?

複数の子どもがいたとしても、関係が密で老後の面倒をみてもらった子に、最も多くの財産を残してあげたいと思うのが心情ではないでしょうか。

 

(2)遺産相続は、言葉(口約束)だけでは、残すことができません

愛情のある言葉をその可愛い子どもと掛け合っていく中で、「私の財産のほとんどは、君に相続させるつもりだよ」と伝えていたとします。しかし、それが口約束だけの場合、その子どもに対して財産を思うとおりに残してあげることはできません。

 

(3)相続人の間で話し合い(遺産分割協議)が必要

もし口約束だけで、相続人が複数いる場合は、亡くなった人の財産をどのように分けるかを相続人同士で話し合う「遺産分割協議」が必要になります。全員が納得しない限り、この協議は成立せず、遺産の名義変更もできません。名義が自分の物でない預貯金は当然、引き出すことも不可能です。

また、遺産分割協議で話し合いがまとまらない場合、最終的な取り分は、法定相続分程度でまとまるケースがほとんどです。

 

(4)愛情を形にするのであれば、生前に遺言を残しておくことが大切です

特定の子どもに対して、財産という形で愛情を形にするのであれば、生前に遺言書で財産の行先を指定しておくことを強くおすすめします。

また、付言事項という、相続人に伝えたいメッセージを残せる手法もあり、想いはもちろん、特定の子どもにだけ多く遺産を残す理由を明記しておくと、スムーズな遺産分割となる可能性が高いでしょう。

 

というわけで、「愛情はあるけど 遺産はこれだけか?」